2008/12/04

米国消費者の環境対応レポート(5) 「大統領選挙と消費者の動き」

米大統領選挙で民主党のオバマ候補が勝利してから、もうすぐ1ヶ月が経とうとしています。

 

ここフィラデルフィアは、比較的黒人比率が高く、また平均年齢が34歳と若い都市だけに、オバマ支持者が多かったようで、オバマ候補が勝利した選挙当日は、夜通し「オバマ~!!」と叫ぶ人々でとても賑やかでした。

 

当選後も、オバマ次期大統領の一挙一動に全米が注目しています。米3大自動車メーカー(ビックスリー)への支援策等の経済問題はもちろん、二人の娘をワシントンの公立学校に通わせるのか、私立に通わせるのか・・・、飼い犬は、血統証付きの犬にするのか、保護施設から引き取るのか・・・といったことまで、人々のオバマ次期大統領に関する話題は尽きません。

 

そして、オバマ氏の言動が企業や一般消費者の動きに大きな影響を及ぼしています。今回は、オバマ氏が勝利した大統領選挙の結果が、一般消費者の動きにどのような影響を与えているかについて、少しお話したいと思います。

 

ニュースで大きく取り上げられているのは、大統領選挙の後、全米の銃器店で売上が急増しているということです。これは、民主党が銃規制に積極的であることから、今後は銃が手に入りにくくなるという不安が人々に広がっているためといわれています。

 

また景気が悪くなると、治安の悪化を恐れて人々が銃を購入する傾向にあるため、現在の経済状況もこれを後押ししているといえます。店舗によっては、前年比2~3倍の売上となっており、今後、規制の対象となりそうな強力な銃器は売り切れの状況だそうです。

 

これまでも、2000年問題(Y2K)、米同時多発テロ、大型ハリケーン「カトリーナ」の襲撃など、銃器の売上は外部環境に大きく左右されるというのが常でしたが、今回はこれらにも増して急激な伸びとなっています。

 

銃規制について、オバマ次期大統領は購入者の身元確認の強化に加えて、「常識的な基準(Common-Sense Measures)」を設置したいと述べています。

 

購入者だけでなく、販売側にも厳しい規制がかけられるのではないかという銃器ディーラーの懸念も大きいようですが、一方で規制内容の詳細がわからないことを利用して、ディーラーがわざと人々の不安を煽って、駆け込み需要を喚起しているともいわれています。「政治の不確定さはビジネスにとって最高だ」といっている銃器ディーラーもいるようです。

 

そして、まだ具体的な動きにはなっていませんが、オバマ次期大統領のもと、一般消費者が大きな期待を寄せていることの一つとして、医療保険や製薬業界の改革があります。

 

これまでは、保険会社や製薬会社が非常に強い力を持っていたことからアメリカの医療費はとても高く、一般消費者は不当に高い保険料を払うか、医療を受けられないかといったことが続いていました。

 

この改革が、今回のオバマ氏の勝利演説でも強く示されていることから、消費者の医療費削減のチャンスとして期待されているのです。一方、これらの業界は頭を抱えています。たとえばカナダからの薬の輸入解禁などで薬価の引き下げが実現した場合、現在約30兆円の米製薬業界市場は1兆~3兆円目減りすると試算されているからです。

 

このほか、「オバマ効果」が消費者の行動やマインドにどのように波及していくのか、またレポートしていきたいと思います。

 

ご参考
○NYtimes.com ”On Concerns Over Gun Control, Gun Sales Are Up” 
http://www.nytimes.com/2008/11/07/us/07guns.html
○CNN.com ” Gun sales surge after Obama’s election“
http://www.cnn.com/2008/CRIME/11/11/obama.gun.sales/index.html

 

みどり合同経営 コンサルティング部門
中小企業診断士 犬飼あゆみ
執筆者ご紹介 → http://ct.mgrp.jp/staff/inukai/

ページトップへ

Copy Right MIDORI GODO KEIEI. ALL RIGHTS RESERVED.