HOME > 新着情報 > 国土交通省 『「平成20年度建設業の新分野進出・経営革新/建設技能者確保・育成モデル構築支援事業」公募実施について』を追加しました。

国土交通省 『「平成20年度建設業の新分野進出・経営革新/建設技能者確保・育成モデル構築支援事業」公募実施について』を追加しました。

2008/04/28

国土交通省 『「平成20年度建設業の新分野進出・経営革新/建設技能者確保・育成モデル構築支援事業」公募実施について』を追加しました。

 

本事業は、地域の建設業者が行う生産性向上に資する経営革新の取組や、各種事業者が行う建設技能者の確保・育成に資する取組のうち、一定の要件を満たすものに焦点を当て、こうした取組の定着に向けたモデルケースと認められる事業を対象に公募を実施して先導的な事例を発掘し、当該事業を推進、広く普及・啓発を図ることにより、建設業の新分野進出等の取組の促進や、建設技能者の確保・育成の促進を図るものです。

 

【公募期間】 平成20年4月25日(金) ~ 平成20年6月13日(金)当日必着

       (例年より早いお申し込み期間となっています)

 

【選定結果発表の予定日】 平成20年7月中旬 ~ 下旬頃を予定。

 

【採択予定件数】 

  • 新分野進出等 :約100件程度(予定)  (昨年度採択件数:98件)
  • 建設技能者確保 :約5件程度(予定)  (昨年度採択件数:5件)

 

【新分野進出・経営革新モデルの対象となる分野】

(1)農林水産業、環境、福祉、観光等の、従来の建設業とは異なる分野への進出

(2)従来事業の中心としての施工分野から、川上分野(設計・企画等)・川下分野(維持管理等)への進出

(3)現場管理、資材管理、受発注、施工等の分野におけるITの活用

(4)資材の共同購入システムの構築等、事業の効率化に向けた取組

(5)企業間連携、合併(M&A)、持株会社化等による経営合理化(特に間接部門の合理化)、円滑な事業の承継

 

【支援の内容】

本事業は、選定された事業に係る調査・計画策定費や外部の専門家等のアドバイザーを活用した場合の諸謝金など、関連経費の一部を初年度のみ負担するものです。支援の金額は1件当たり概ね2~4百万円程度とし、具体的な金額については、事業計画と支援要望額の内容を精査の上、予算の範囲内において決定します。

 

詳細は、国土交通省、(財)建設業振興基金のHPをご参考になさって下さい。

国土交通省 HP http://www.mlit.go.jp/kisha/kisha08/01/010425_2_.html

(財)建設業振興基金HP http://www.yoi-kensetsu.com/shinbunya-model/index1.html

ページトップへ

Copy Right MIDORI GODO KEIEI. ALL RIGHTS RESERVED.