HOME > 新着情報 > 弊社が教材を執筆させていただきました通信講座(コンサルティング機能強化のための建設業の経営改善を推進するコース、株式会社ビジネス教育出版社)が2013年10月よりスタートいたしました

弊社が教材を執筆させていただきました通信講座(コンサルティング機能強化のための建設業の経営改善を推進するコース、株式会社ビジネス教育出版社)が2013年10月よりスタートいたしました

2013/11/29

2013年10月に、弊社が教材を執筆させていただきました通信講座(コンサルティング機能強化のための建設業の経営改善を推進するコース、株式会社ビジネス教育出版社)がスタートいたしました。

 

当講座は、金融機関の行員様向けに、建設業への理解を更に深めていただき、監督指針が求める「コンサルティング機能の発揮による顧客企業の経営改善等に向けた取組み」を通じて、積極的な経営支援を実現していただくことをねらいとしています。

 

【当講座の特徴】

・地域の基幹産業でありながら、その特殊性から実態把握が難しい建設業の業界動向と特徴をわかりやすく解説。

・個社支援の実務に役立つ財務面・事業面のチェックポイント、経営改善計画の策定支援、モニタリングについてポイントを説明。

・具体的事例および改善が進む企業と進まない企業の特徴「50のチェックポイント」を掲載。優良企業との取引開拓、深耕に結びつくコンサルティング技法が身につく。

 

【テキストの主な内容】

1建設業の業界特性と経営改善計画の策定

Ⅰ.建設業界の業界特性と基礎知識

1 建設業を取り巻く厳しい環境

 ●ピーク時から約半減した建設投資

 ●過剰な建設業者数と建設業就業者

 ●低迷する建設業の利益率

2 建設業の業界特性

 ●建設業は地域づくりの担い手

 ●受注産業かつ屋外移動産業の難しさ

 ●特異な建設生産システムと重層下請け構造

 ●入札価格と入札制度

 ●請負代金の支払い方法と建設会社の資金負担

 ●会社の成績表「経審(経営事項審査)」評点の見方

 ●建設業財務管理の特色

3 建設業の今後と行政施策

 ●求められる改革

 ●改革を支援する主な行政施策と融資制度

 ●活発化する建設業の新分野進出

Ⅱ.建設業の経営改善計画策定の手順とポイント

1 経営改善計画は利益計画と行動計画のセット

2 実現可能性の高い経営改善計画策定の手順

3 まずは企業の実態把握から

 ●利益操作を見逃さない財務面のチェックポイント

 ●本業の経営課題を的確に捉える事業面のチェックポイント

4 経営改善計画策定のポイント

 ●利益計画策定の5つのポイント

 ●行動計画

 

2経営改善計画のモニタリング/事例研究

Ⅲ.経営改善計画のモニタリング(実行支援/進捗管理)の着眼点

1 計画の実行の壁と実行可能性を高めるモニタリングとは

2 効率的な会議の進め方とルールづくり

3 経営管理資料と資料活用のポイント

 ●業績管理は工事別利益・営業見込み・全社損益の3点セット

 ●行動計画の進捗を把握する管理資料とは

4 組織力向上(一体感の構築)のポイント

Ⅳ.事例研究

1 A社の事例:地域の総合建設業(年商12億円程度)

 ●事例企業の状況

 ●具体的な取り組み内容

 ●取り組み成果

2 B社の事例:専門工事業者 (年商15億円程度)

 ●事例企業の状況

 ●具体的な取り組み内容

 ●取り組み成果

付:改善が進む企業と進まない企業の特徴 <50のチェックポイント>

 

【通信教育講座】

コンサルティング機能強化のための建設業の経営改善を推進するコース1、2

株式会社 ビジネス教育出版社(2013.10 / 2013.11)

編者 株式会社みどり合同経営

2か月コース〔テキスト2冊、添削指導2回、9,500円(税込)〕

3か月コース〔テキスト2冊、添削指導3回、11,500円(税込)〕

お申し込みは、株式会社ビジネス教育出版社様(TEL 03-3221-5365)まで。

http://www.bks.co.jp/kouza/contents/kk201310.html

ページトップへ

Copy Right MIDORI GODO KEIEI. ALL RIGHTS RESERVED.