HOME > 新着情報 > みどり合同経営メールマガジン 2015年11月20日号を発行しました

みどり合同経営メールマガジン 2015年11月20日号を発行しました

2015/11/20

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆☆         みどり合同経営 メールマガジン
☆◆☆
◆☆◆☆        http://ct.mgrp.jp/index.html
☆◆☆◆☆
◆☆◆☆◆☆                 2015年11月20日号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

皆様こんにちは、みどり合同経営です。

このメールマガジンは、ご縁を頂いた方に配信しています。
配信不要の場合は、恐れ入りますが、末尾に記載しております方法にてご連絡
をお願いいたします。

……………………………………………………………………………………………

▼ INDEX

<好評連載中>
■ 自称”若手コンサルタント”がお送りします!
「運送業」の課題解決の着眼点 『人材の確保』(3)

<セミナーのご案内>
■年の瀬緊急セミナー 平成28年度はどうなる?「税金・補助金」

<お問い合わせ>
■ メール配信の中止及び設定の変更等

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆

好評連載:自称”若手コンサルタント”がお送りします!
「運送業」の課題解決の着眼点 『人材の確保』(3)

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆

みなさん、こんにちは!
前回より引き続き、今回も『人材の確保』をテーマにお話いたします。
それでは、今回事例とするA社の取組について、詳しくみていきましょう。

■A社の課題と社長の想い
A社は東日本大震災の被災地域にある企業であり、震災後にドライバーが
減り、その後もドライバーを十分に確保することができない状態にありま
した。また、A社は日本全国をほぼ網羅的に対応しているため、長距離
輸送を余儀なくされる輸送体系になっています。

そのため、ドライバーの拘束時間が長く、加えて、荷物の積み下ろし時に
ドライバーによる手作業が必要となるため、ドライバーの負担は大きく、
せっかく入社に至っても、長続きせず、なかなか勤続年数を伸ばせないことも
課題になっていました。

A社の社長は、長期的に事業を拡大し、成長していける会社であることを
掲げており、ドライバーを確保することは、避けては通れない課題となって
いました。

■輸送の効率化とドライバーの負担軽減

震災後、A社は既存ルートが使えなくなったことで、新たなルートへの変更を
行いました。新規ルートでの運行にあたり、既存の営業所から離れた場所に
新たに営業所を設けることで輸送効率を向上できないか、荷物を積む場所、
降ろす場所、荷物の内容を検証していきました。

また、それまでは、既存の拠点があるエリアでのみ採用を行っていました
が、新たなエリアでの採用も行えるよう、拠点を設けるのに最適な場所を
検討していきました。

結果として、新たに設けた営業所により、それまで発生していた無駄な
運行(即ち空車での回送)を削減することができ、輸送効率をグンと上げる
ことができました。また、これに伴って、ドライバーの拘束時間も短くなり、
負担も軽減することにつなげていくことができたのです。

ただし、新たな拠点を設けることは、会社にとって都合の良いことばかり
ではなく、運営コストがかかることや、既存の従業員を配属させなくては
ならいなど、負担も多くありました。
特に、営業所長や配車担当者については、A社の事業に精通した人材でなく
てはならないため、既存の従業員を転勤させて対応しなくてはならず、
その采配に非常に悩まれていましたが、本社に常駐していた経営幹部が
営業所長として自ら手を上げ、周りの従業員にも説明し、納得を得ていき
ました。

■給与体系の見直しによる若手ドライバーの収入の安定化

これまで、A社では歩合給がメインの給与体系でしたが、特に若手の
ドライバーにとっては安定した収入を得られるとは言い難く、業界水準と
比較すると、若手は業界水準よりも低く、一方で、ベテランドライバーは
業界水準よりも高い収入を得ているという状態にありました。
そのため、若手のドライバーの定着が悪く、A社ではこのことを危惧して、
業界では一般的な歩合給をメインとする給与体系から、固定給をメインと
する給与体系へと変えていくことを思い切って決断しました。

固定給をメインとすることで、業績に関わらず負担は変えられないため、
会社にとってリスクは大きくなりましたが、若手ドライバーの離反を防ぎ、
A社で長く勤務してもらえるようにすることを優先したのです。
当然、ベテランドライバーからは固定給に対する不満の声も上がりました
が、若手ドライバーを守るためであることを繰り返し説明していきました。

■A社のポイント
A社では、自社の置かれた環境や、自社が抱える問題点を冷静に分析し、
その解決にあたっては、社長の「従業員に長く働いてもらいたい」と
いう強い想い(方針)をもとに、一つひとつ具体策を検討したこと、
またその実行段階にあたっては、時には経営者自らが思い切って行動し、
従業員に示したことなどがポイントになったと考えています。

これが、A社の特徴的な輸送に精通した人材の育成につながり、ひいては、
社長の想いである「長期的に事業を拡大し、成長していける会社」に
していくということにもつながっていると思います。

現在、A社では顧客のニーズに応えながら、輸送効率の更なる向上、
ドライバーの手作業負担の軽減を狙って、新たな輸送システムの開発を
行っていますが、このことにも、常に成長していくためには何をしていく
べきかという、A社の社長のチャレンジ精神が現れていると思います。

執筆者:
柏野里奈(コンサルタント)
執筆者ご紹介 → http://ct.mgrp.jp/staff/kashino/

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆

■■□ みどり合同税理士法人グループ セミナーのお知らせ □■■

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆

年の瀬緊急セミナー 平成28年度はどうなる?「税金・補助金」

平成28年度の税制改正情報や補助金・助成金の情報について、わかり易く
お伝えします。
同時に個別相談も実施しますので、節税対策や補助金の使い方など気軽に
ご相談ください。弊社、専門スタッフが対応いたします。

開催日時:12月22日(火)14:00~16:50
参 加 費:無料
定  員:30名様
会  場:みどり合同税理士法人 高松市塩上町3丁目1-1

▽お申込み、詳しくはこちら▽

http://www.mgrp.jp/archives/2995/

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
■みどり合同経営 Information
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

■お問い合わせ先・ホームページ■

株式会社みどり合同経営

【本社】東京都千代田区神田多町2丁目1番地 神田Y5ビル 2F
Tel 03-3258-5271 Fax 03-3258-5279

【高松】香川県高松市塩上町3丁目1-1
Tel 087-834-0301 Fax 087-834-0882

【WEB】http://ct.mgrp.jp/

メールマガジン発行責任者 藤井 一郎  03-3258-5271

■Emailアドレスの変更、配信の中止■

当メールの送信アドレスは送信専用となっております。
Emailアドレスの変更、配信の中止のご依頼は、ホームページにて承ります。
【WEB】 https://www.mgrp.jp/contact/ct/index.cgi

———————————————————————-
(C) Copyright 株式会社 みどり合同経営
掲載記事を改変しての転載、転記を禁じます。
———————————————————————-

ページトップへ

Copy Right MIDORI GODO KEIEI. ALL RIGHTS RESERVED.