HOME > 新着情報 > 西東京地区の建設業団体共催の勉強会にて、「法定福利費」をテーマに講師を務めました

西東京地区の建設業団体共催の勉強会にて、「法定福利費」をテーマに講師を務めました

2018/07/25

弊社取締役の萬屋博史が、西東京地区の建設業団体共催の勉強会にて、「法定福利費」をテーマに講師を務めました。

建設企業の社会保険加入が叫ばれて久しいですが、実際の工事の積算や見積りにおける法定福利費の算出や、協力業者の見積書における法定福利費の検証の仕方など、実務においては様々な疑問点をお持ちのことと思います。

そこで今回の勉強会では、社会保険制度の概要をわかりやすく解説した上で、建設企業における法定福利費の内訳を明示した見積書の作成について、詳しくお話させていただきました。

お話させていただきました内容は、下記となります。

1. 社会保険制度

2. いまなぜ社会保険等への加入が求められているのか

3. 社会保険加入と元請企業・下請企業の役割と責任

⇒建設業における社会保険・労働保険の加入義務

4. 建設業の見積り・積算における法定福利費の位置づけ

5. 法定福利費の内訳を明示した見積書の作成手順

弊社で取り組みましたその他のセミナーは、以下をご覧ください。http://ct.mgrp.jp/seminar/

ページトップへ

Copy Right MIDORI GODO KEIEI. ALL RIGHTS RESERVED.