HOME > みどり合同経営のコンサルティング > コンサルティングの流れ

コンサルティングの流れ

お困りごとや課題など、お気軽にメール、電話にて弊社にお問合わせ下さい。お問合わせをいただいてからの流れは概ね下記の通りとなっています。

コンサルティングの開始まで

お問合わせから実際にコンサルティングを開始するまで、通常複数回の打合せを行います。国内・海外を問わず、ご訪問させていただきます。十分な打合せを重ね、顧客企業の課題解決に最適なコンサルティング内容、チーム体制、期間などのご提案をさせていただき、意識のすり合わせを行います。ここまでの段階でコンサルティングフィーをご請求することはありません(海外の場合は別途ご相談となります)。
また、弊社では、共に考えていただける経営者なのかどうかをじっくりとお付き合いさせていただいた上で、正式なコンサルティングをスタートしています。

コンサルティング期間

コンサルティング期間は、ご相談内容によって数ヶ月から数年など大きく異なりますが、その内容は主に3つに分けられます。各段階において、顧客企業が置かれた個々の状況に応じたやり方で、コンサルティングを進めていきます。

〜実態調査期間〜
顧客企業の実態を把握するために、弊社専門家による事業・財務・IT・リスク デューデリジェンスを行います。調査においては、経営陣だけでなく、企業内に入り込み、現場の方から事務担当者まで、一般従業員全員からのヒアリングを重視しています。

〜計画策定期間〜
実態調査をもとに、顧客企業のキーマンとの十分な討議のもと、企業戦略、マーケティング戦略を立案した上で、課題解決のための行動計画と利益計画を策定します。

〜計画実行期間〜
策定された計画に沿って、計画を実現させる具体的な活動を提案・支援した上で、じっくりとモニタリングし、指導・サポートを致します。この間は、プロジェクトの遂行のみならず、経営会議や全体会議など、定例会議を中心にお手伝いしています。

フォローアップ

コンサルティング契約の満了で顧客企業との関係が終わるわけではありません。その後も企業が確実に施策を実行できるよう、ご依頼に応じて必要なフォローを行います。

ページトップへ

Copy Right MIDORI GODO KEIEI. ALL RIGHTS RESERVED.